古家具のお手入れ方法

長年愛用している古家具というのは、時代の流れと共に汚れや傷も目立ってくるものです。古家具はこういった汚れや傷も独特の風合いとなるのですが、しっかりとお手入れをすることでも魅力を引き出すことができます。

普段のお手入れ

普段はタオルを使用して空拭きする程度で大丈夫です。もし汚れが付いてしまった場合には、水を固く絞ったタオルで軽く拭いてから空拭きしましょう。また、定期的にワックスやオイルを使って特別なお手入れをすることも大切です。
古家具には、現代の家具とは違い、昔ながらの塗料を薄く塗っているだけのものが多くあります。

そのため、使用しているうちに自然とワックスがとれ、表面がカサカサしたり、艶がなくなってしまうのです。
しかし、定期的にワックスを塗ることで美しい光沢を出すことができます。また、ワックスを塗ることで表面の保護にもなるので、傷が付くのを防いでくれます。

古家具の設置場所

古家具には、湿度や気温によって収縮したり膨らんだりする木材が使用されているものが多くあります。
そのため、設置場所によっては塗装を劣化させてしまったり、色褪せしてしまったりもします。特に直射日光が当たる場所や、温度差が激しい場所、冷暖房機の近くなどに設置をしてしまうと、割れや反りなどの変化を起こしてしまうこともあるので注意が必要です。

また、熱い鍋やヤカンなどを直接置いてしまうと変色してしまうこともあるので、コースターやランチョンマット、テーブルクロスなどを使用することをおすすめします。古家具はとても丈夫で長持ちするものなので、こういった知識を持っていることでより大事に使うことができます。

古家具店をお探しなら、MANSIKKAをご利用ください。MANSIKKAでは、インテリアとして使用してきた古家具の買取を行なっています。多少の傷みがあっても構いませんので、処分を検討している方はぜひご相談ください。
また、通販にてアンティークの収納家具や照明、食器類、雑貨なども販売しているので、アンティーク家具・アンティーク雑貨をお探しの方もご利用いただけます。何か気になることがございましたら、お気軽にお問い合せください。