古家具・古道具の処分をお考えの方へ(古いものの買取り&引取りについて)

ご自宅に長い間眠っている古家具や古道具がある方は、処分をご検討される前にMANSIKKA(マンシッカ)にご相談ください。MANSIKKAでは、アンティーク家具・雑貨、アンティーク照明、ドアなどの建具の販売を行っているだけでなく、古物の買取り&引取りも行っています。多少の傷みがあっても構いません。今や物を捨てる際には処分費用が掛かってしまうケースがほとんどですが、それらを次世代へ引き継ぐためにも、処分してしまう前に別の方法がある事をご検討ください。これまで大切に使われてきた物は、適切な修理・修繕・清掃を施す事により、また新たに息を吹き返し、世界中のアンティークファンにお届けする事ができます。当店では青梅市・福生市・羽村市・あきる野市・昭島市・西東京市・武蔵野市・小金井市・瑞穂町・飯能市・入間市・狭山市・所沢市・川越市などの主に東京都西部や埼玉県西部を中心としておりますが、ご要望により遠方への出張買取りも可能です。お引越しやお片付け、家屋等の解体のご予定がある方も、ぜひお気軽にご相談ください。このページでは古物の売却をお考えの際のポイントをご紹介いたしますので、買取り&引取りをご希望される方はぜひご参考にしてください。

過剰なクリーニングはしない

「綺麗な状態で売ると高価買取に繋がる」というイメージをお持ちの方はたくさんいらっしゃるかと思います。確かにアンティーク家具・雑貨でない比較的新しい物の場合は綺麗な状態が高価買取に繋がる可能性がありますが、アンティーク雑貨の場合は汚れや傷が魅力となる場合があります。過剰なクリーニングをすると、その魅力を洗い流して古物の価値を下げてしまう事になってしまうかもしれません。古物を売る時は過剰なクリーニングは避けましょう。

付属品とセットで売る

付属品がある場合とない場合では査定金額が変動する可能性があります。箱や袋などの付属品があるものは必ずセットで売るようにしましょう。いつどこで使われていたものか証明する事ができるものがある場合も、ご一緒に提供していただけると、査定価格のアップに繋がるかもしれません。

どんなものでも処分する前に査定してみる

古い家具や道具がお部屋にある場合は、処分する前に一度査定する事をおすすめします。アンティーク雑貨は、主にこの世に100年以上前から存在するものを指します。しかし、100年という長い年月が経っていなくてもアンティーク調やビンテージ商品と呼ばれている品があり、使えるかという問題ではなくいつの時代のものかという点で高い価値がつきます。そのため、ただのゴミと思っている品にも驚きの価格がつく可能性があるのです。見た目でどれぐらい昔のものか分からない場合も一度査定していただく事で、お品物の価値を知っていただけるでしょう。

アンティーク雑貨やアンティーク家具の通販サイトMANSIKKAでは、家具を始めとするインテリア関連のお品の他にも、アンティーク家具・雑貨以外にも、建具、古材、古布、古本、食器、民芸品、楽器、音響機器、おもちゃ等・・・幅広いジャンルの買取り&引取りを行っていますので、まずはお気軽にお問い合わせください。他店では難しかった物についても、できる限り頑張ります。
また、オンラインショッピングで国内・国外の古家具や古道具をお探しの方は、MANSIKKAをご利用ください。